読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々、しあわせさがし

悩み多き日々、幸せって何?自分探しというか、幸せ探しのブログ。千葉県流山市在住、お酒と音楽とコーヒーが好きな30代会社員。家には妻と2人の幼い兄弟。

決意を新たにすることって、大前研一氏が言うような価値のないことじゃないと思うんだ

やまでぃドットコム、リニューアルです!

「やるぞぉぉぉ!6月からやるぞぉぉぉ!!うおぉぉぉ!!!」

と心を奮い立たせ、ブログを書くことにしたわけですが、何を隠そう「旧やまでぃドットコム」は開始早々ほんの数記事で頓挫させてます。

でも、最近いまの自分自身を変えたくて、またブログを始めることを決意しました。

さて、そんな「決意を新たにすること」について、大前研一氏の有名な言葉があります。


人間が変わる方法は3つしかない。1番目は時間配分を変える。2番目は住む場所を変える。3番目はつきあう人を変える。この3つの要素でしか人間は変わらない。最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

ガーン…



僕の出鼻を挫くには十分すぎる、素晴らしいお言葉であります。

でもね、僕は思うんです。
というか言い訳をします。


無意味でもいいじゃーん、何か1つでも行動するんなら、思いつきレベルだって。


ちょっと気持ちを切り替えるだけで、例え結果が出なくても、例え大きな変化はなくても、そういう経験が残るし。

そもそも、最初から「変わらないもの」は無いんじゃないかな、人間というもの含めて。

だから「変わるには3つしかない」なんてことなくて、嫌が応にも変わっちゃう。人間、年だってとるし、ライフステージも変わる。

つまり、変わりたいと願うことは、「放っておいてもどうせ変わっちゃうんだけど、流されるままじゃなくて自分の意志で変えたい」っていうことなんでしょうね。

それには、新しいことをするか、過去を振り返って深堀するか、まぁどっちでもいいんだけど、とにかく「自分の意思で、いつもと違う、なにかおもしろそうなことをしよーっと」と思えれば良くて、それ自体は尊いことじゃないかと思うんですね。


決意を新たにして「ブログを書く」
決意を新たにして「旅に出る」
決意を新たにして「マンガを読む」
決意を新たにして「新聞を読む」
決意を新たにして「スマホを手放す」
決意を新たにして「禁酒する」
決意を新たにして「ランニングする」
などなど…


三日坊主に終わるかもしれない、でもやったことはやった、それでいいじゃない。

本にも読むべき時期がある、とよく言われます。それと似てて。

同じことをして、続かなかった(変われなかった)にしても、「今」じゃなかっただけで、もしもいつか「その時」がきたら、

「やったことある!あの時はすぐやめちゃったけど、やっといてよかった!」

なーんて三日坊主の経験が活きることがあるかもしれないですよね。(もちろん、ないかもしれないけど)

だから、決意を新たにして、小さなことでも何かするのきっかけになるのであれば、全く無意味だとは言えないと思います。

加えて、できれば決意を新たにしたことを誰かに言うと、なお良いですね!

宣言した決意や行動が、巡り巡って、大前研一氏の言う、住む場所が変わるような、会う人が変わるような、大きな変化を呼ぶことがあるかもしれません。

…そしたら人間変われるんですよね?

ほら、無意味じゃないじゃないかっ!!